クラウド会計で何ができるの?

今の業務フローの中で印刷、メール送信、書類保管などの手間が煩雑だと思っていませんか?
もしかすると今ある業務のうちのいくつかはクラウド会計へ移行する事によって削減する事が可能かもしれません。

こんな方におススメ!

『過去のデータ、資料を探し出すのが面倒』
⇒1つのデータを複数人が同時にログインすることができ、常に最新データにて作業が可能!
⇒後から財務情報を見直す際に会計資料が添付された状態で確認ができる!

『業務フローに何度も同じデータ入力/出力を繰り返す無駄を解決したい』
⇒担当スタッフのリソースを他へ振り分けることが可能!

『ペーパーレスを実現したい』
⇒各取引ごとにデータ添付ができ、原本資料でのやり取りは不要!
(日本から法人管理をされている場合は資料の原本送付の手間が最小化できる)

『経理業務をオフィスに縛られない形態に変えたい』
⇒いつでも&どこからでもInvoiceの発行ができ、システム内からお客様へメール送信が可能!
⇒Invoiceの中にカード決済機能を組み込むことができる!

『入力スタッフと確認スタッフを分けたい』
⇒スタッフごとに何を入力したのかを確認する事が可能!
⇒過去の変更履歴は全て記録されているので遡って確認することができる!

今までの会計ソフト/業務フローは…

  • 会計ソフトはソフトをダウンロードしたPCでしか操作できない
  • ソフトの機能更新があった場合は新しいソフトを購入する必要がある
  • 他のソフトとの連携不可
  • Invoiceは別の社内業務システムから発行し管理する
  • もしくはExcelなどで起こし、入出金管理も別で作成したExcelファイルなどで管理
  • 監査人が原本の確認を要求するので証憑は1枚1枚印刷し、通し番号を振ってバインダーに保管

などの面倒がございました。

Xeroなら

ネット環境、ID、パスワードがあれば、どこからでもアクセスが可能です。iOS, Android対応アプリをインストールすることで、お手持ちのデバイスから簡単にInvoiceを発行しそのままXeroのシステムを通じてお客様にメールで送信。自宅やカフェがそのままオフィスに!

<システム機能面>

  • クラウド上で動くのでソフト機能が随時アップデートされ即時反映されていく
  • API連携を行っているソフトであればソフト同士の連携が可能(2020年8月現在200個以上のサービスと連携中)
  • データは大手クラウドサーバー会社を使用し、世界3か所でバックアップされている為、データ消失リスクが小さい
  • 銀行口座と直接接続できるので、入出金確認が楽になる(2020年8月現在、HSBC, Hang Seng, DBSのみ)
  • 保存されているデータはExcel, Google spread sheetへ変換可能
  • 付随機能が豊富:Invoiceデザインの設定、在庫管理、給与明細の発行など

<運用面>

  • 証憑を取引ごとに添付できるので、取引の裏付けを調べる際に紙の資料を探す手間がかからない
  • 添付のデジタル証憑のみで監査対応可能な為、通し番号の割振りや紙資料の保管は不要
  • Invoiceの発行を事前に登録した顧客のアドレス宛へ会計ソフト内から送信可能
  • 複数回のデータ転送の手間を削減

H.S. Planningの安心サポートプラン

<初期導入支援サポート>
Xeroのセットアップをはじめ、会計コードの入力、顧客情報の登録、銀行との接続などを全てサポート。ご希望に応じてInvoiceのデザインもご提供します。

<継続的な運用支援サポート>
ソフトの操作方法に関するご質問は弊社で対応。Invoice発行および入出金管理をお客様側で行って頂き、それ以外の記帳作業は弊社にお任せください。
月次/四半期/半期など、御社のご希望に合わせた財務諸表の作成代行も承っております。また監査および税務申告手続きのサポートもございます。
既に社内資料をクラウド上で保管されている場合は、データを共有して頂ければ、原本郵送のやり取りを極力省く事が可能です。
*弊社で使用中のクラウドサービス:Google Drive, Dropbox, Sharepoint

詳細はお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

 

ポケットページの記事にもご紹介頂きました。