Blog

Impact of coronavirus COVID-19 on the global economy, Airlines crisis 2020.

香港時事ニュース

香港では7月に入ってから新型コロナウイルスの感染者が再び増加しており、第3波の襲来と言われています。7月13日時点での感染者は1522人、うち退院者は1217人、241人が現在も入院中です。ここ最近の流行の特徴として多くの感染者は感染経路が不明で、香港内の異なる地区に居住しており、市民の間では再び緊張感が高まってきました。 専門家によると、現在の香港の状況は新型コロナウィルスの流行が始まって以来、最も深刻だと評価しています。これまでは海...

Digital technology application concept

【ブログ】IT化社会の香港

香港における新型コロナウィルスの感染者数は減速しており、ここ最近診断された感染者はパキスタンや西アフリカなど海外からの帰国者でした。6月28日現在、香港での感染者数は1,200人、うち1,104人が退院しており、87人が入院中です。 政府は、今年2月20日から検疫センターとして利用してきた火炭(Fo Tan)にある新築の公営住宅であった駿洋邨(Chun Yeung Estate)について、検疫センターとしての利用を7月末で終了することを...

STAY HOME text and open laptop against the flag. Coronavirus self-isolation 3D

香港時事ニュース

香港の衛生当局の発表によると、4月13日時点で香港内の新型コロナウイルス(COVID-19)の感染者数は1010人で、そのうち入院中が604人、退院者数は397人となっています。 最新の水際対策として、4月8日(水)から香港国際空港に飛行機で到着した全員に対して、新型コロナウイルスの検査が実施されています。香港居住者・非居住者を問わず、また症状の有無も関係なく全員が検査対象となっています。 香港では3月末から2週間ほど感染者数が急増して...

Web

【ブログ】訪日香港人の特徴

3月11日のWHOの会見で新型コロナウイルス(COVID-19 ) はパンデミック(世界的な大流行)と宣言されました。全世界で感染が広がる中、香港での感染者数は3月12日の時点で129人となりました。更なる感染拡大を防ぐため、香港政府は検疫強化を実施しています。 香港政府は3月14日より香港居住者・非居住者ともに北海道からの入境者に対して14日間の隔離措置を実施すると発表しました。過去2週間以内に北海道に滞在歴のある人も指定施設での待機...

44224551-1

【ブログ】BRとAR

新型コロナウイルスの香港での感染者数は、2月27日時点で92人となりました。香港では外出時のマスクの着用率はほぼ100%で、エレベーターのボタンが定期的に消毒されたり、ビルやショッピングモールなど建物に入る際にセキュリティの人に検温されたり、もはやこれらが日常の光景となっています。香港はSARSの教訓から人々の感染予防に対する意識が高いため、香港人と比較するとどうも日本人は危機感が足りないように感じてしまいます。香港の人口密度は6,68...

Pig is a symbol of the 2019 Chinese New Year. Greeting card in Oriental style. Rose flowers, decorative elements and lanterns around Golden zodiac sign Pig on red background. Paper cut art

【ブログ】新年快樂!

旧正月、明けましておめでとうございます。去年から続くデモに加え新型肺炎の影響で、今年の香港は例年より祝賀ムードの控えめな旧正月となりました。香港はSARSの経験があるので、日頃から人々の感染症予防への意識が高い都市です。咳エチケットを守るのは暗黙の了解で、普段でも外出先で咳をすると周りからの視線を感じます。マスク着用、マスクが無ければハンカチやタオルで口元を抑えて咳き込むなど周囲への配慮が求められています。今回も香港は日頃の感染予防ノウ...

Hong Kong High Resolution Income  Concept

【ブログ】謹賀新年

2020年明けましておめでとうございます。 昨年は格別のお引立てを賜り厚く御礼申し上げます。 本年も、より一層のご支援を賜りますよう、従業員一同心よりお願い申し上げます。 さて、本年よりこちらのニュースのページにてブログを掲載させて頂きます。 知っておきたい香港のルール、生活、お店や情報など、多岐にわたってご紹介していけたらと思います。 まず第一弾は香港の経営者が知っておきたい、 <旧正月前のダブルペイ> 日本では新たな一年が始まったば...